ヒートショックに注意しよう

急激な気温の変化により、体にダメージを受ける現象をヒートショックと呼びます。
聞き慣れない言葉ですがヒートショックを起こしている人は意外に多いのです。
高齢者の場合、ヒートショックが原因で死に至る可能性もあります。

ヒートショックには“なりやすい人”と“なりにくい人”がいて、
代表的な“なりやすい人”が「高齢者」と「肥満」です。
ここで言う高齢者は65歳以上を指していますので、65歳以上の方は注意して下さい。

「高血圧」「糖尿病」などといった病気を抱えている人も危険ですね。
「動脈硬化」もヒートショックを起こしやすくなる原因ですので、
65歳以上である、肥満である、これらの病気を抱えている、というのであれば、
ヒートショックを起こさないようになんらかの対策をしなければいけません。

ヒートショックを起こしやすい場所が「風呂場」。
まず、脱衣所というのは暖房が効いていないことがほとんどです。
脱衣所で寒い思いをして浴室に入ると、浴室もまた寒いですね。
そこでいきなり熱い湯がはってある湯船に浸かると、ヒートショックが起こるのです。

ここでいけないのは「寒い脱衣所・浴室」「熱い湯」ですから、
ヒートショックになりやすい条件を満たしているならこれらを避けましょう。
一番風呂はやめ、脱衣所と浴室を暖かくし湯を少し冷ますのが理想的です。